自分でも出来るの!?機械式時計のセルフメンテナンス

機械式時計のパーツは数百点以上です

機械式時計は4~5年に1度の割合でオーバーホールを実施するのが良いと言われています。オーバーホールは機械式時計に使われている部品を取り外し、きれいに掃除して組み立てる分解掃除です。一つずつパーツを取り外す作業は動画の投稿サイトで見ることも出来ますが、その作業は時間を要するものです。しかも、時計職人と呼ばれる専門家が行っても時間が掛かる作業、劣化したパーツは新しいものと交換をする、組み付けを行いがらグリスと呼ぶ潤滑油を塗布するなどの工程が必要です。素人では出来る作業ではないので、オーバーホールは専門家にお願いするのが最適です。

自分で出来るメンテナンスには何があるのか

オーバーホールは素人では難しいのですが、機械式時計はしっかりとメンテナンスを行っておけば、さらに状態を維持出来るようになります。仮に、新しい機械式時計が欲しくなり、現在持っているものを売却する時にはコンディションが良いものは評価が高くなるので、高価な値段で買い取りして貰えるチャンスも広がります。腕時計は腕にはめているため、汗などが裏蓋に付着する、バンドにも汗が付着することになります。使い終えた後はきれいに汗を拭き取るだけでも状態を維持する効果に繋がります。特に夏時期などの場合は、汗を多くかくため定期的に柔らかい布を使って汗を拭き取る癖を付けておくと良いでしょう。ちなみに、時計の外側の材料はステンレススチールと呼ぶ金属で、錆びにくい材質ですが、放置しておけば錆びてしまうこともあるので注意が必要です。

グランドセイコーとは、セイコーが所有する国内最強の高級腕時計ブランドのひとつです。「マニュファクチュール」と呼ばれ、ネジ1本に至るまで全て自社で開発、製造、組立、調整、検査、出荷まで行っています。