1人暮らしに必要なのは?最低限準備しておきたいキッチン雑貨

料理はしなくても鍋は必要

始めての1人暮らしをする際、どんなキッチン雑貨を準備しておく必要があるのでしょう?自炊を考えている人も、自炊はしない派という人も鍋が準備しておくことをおすすめします。自分で料理を作らなくてもレトルト食品や、冷凍食品を温める時に鍋が必要になりますよね。直径20cm以上のものが使いやすいので、自炊をしないという人も1つは持っておくと良いでしょう。鍋1つあればお湯も沸かせるので、やかんや電気ケトルも場合によっては必要ないでしょう。

包丁はどんなものが良い?

自炊をしたいと考えているなら、包丁は準備しておく必要があります。ただ、どんな包丁が使いやすいのか分からないという人も、多いのではないでしょうか。料理初心者の場合、刃渡りが15~20cm程度のものが使いやすく便利です。料理好きという人は包丁にプラス、ペティナイフを準備しておくと、細かいカットもできるのでおすすめです。包丁の素材はステンレス製が、お手入れが簡単なので使いやすいでしょう。

少しずつ集めていこう

お鍋や包丁の他にも1人暮らしをする場合、まな板やしゃもじ、フライ返しなど様々なキッチン雑貨が必要となります。ただ、一気に揃えようとすると大変です。まずは、絶対に必要だと感じるキッチン雑貨から購入していきましょう。軽量スプーンやカップ、泡だて器といったキッチン雑貨は、料理をあまりしない人だと必要ないかもしれません。実際に生活をしてみて「これがあったら便利だな」という、キッチン雑貨を少しずつ買い足していくのがおすすめです。

インスタ映えを目指すならキッチン雑貨を利用する方法があります。可愛く飾ればフォロワー数もアップできます。