機械式時計の手入れは大切です!耐久年数を増やすためにやるべきことは?

雑な扱いをしないこと

機械式時計は昔から人気がありますが、お手入れの程度によって耐久年数が大きく変わります。簡単な例を挙げますと時計を外すときに専用のケースに入れる人は少ないのではないでしょうか。机の上に音を立てておいてしまうと時計に衝撃を与えてしまいます。こうした雑な扱いをすると機械式時計の調子が悪くなっていくのです。専用ケースがない人はやわらかいハンカチの上におくなど日々時計を丁寧に扱うことが大切です。ただし、置くところにも注意をする必要があり、テレビやパソコンなどの近くに機械式時計を置くのは禁物です。機械式時計の調子が悪くなることがあります。くれぐれも注意してください。

定期的に手巻きをすること

機械式時計を一時的に使わなくなっても1ヶ月に1回は手巻きをするなりして動かすことが重要です。なぜなら何も動かさないままだと中の油が固まって機能に大きな悪影響を及ぼす可能性があるからです。複数の機械式時計を持っている人がやりがちなことが保管してそのまま放置してしまうことです。再び着けようと思ったときには使えなくなっているという事態も生じます。また、日々のお手入れと同時にやっておきたいこともあります。それが定期的なオーバーホールです。機械式時計は油が固まりやすいですから、定期的に油をさすことも耐久年数を長引かせる上で大切なことです。このような日々のお手入れとオーバーホールを定期的にやることで一生時計を使用し続けることも夢ではありません。

ゼニスとは、「一番上」という概念を持つ言葉です。したがって、天頂、天空、頂点、最高潮といった意味になります。