犬の服の選び方で大事なのは体温と動きやすさ!

犬の服で体温を調整する

犬は基本的に毛でおおわれているため寒くなることは少ないです。それでも暑い地域出身の犬種は、毛が薄いために日本の冬は寒く感じることがあります。そのようなときには寒くならないように服を着せると体調を崩しにくくなります。一方で長毛な犬種や毛が多い犬種に服を着せる時には注意が必要です。普通の服を着せてしまうと、暑くなりすぎて体調を崩す恐れがあるからです。体を冷やす服や、薄着の服を着せることで体温を上手に調整することができるようになります。犬に服を着せる場合には体温をしっかり管理することが大事です。熱くても犬は何も言えません。異常を見つけたら、すぐに服を脱がせることも大事です。

動きやすい服が犬にはいい

服を選ぶときに可愛さを優先してしまう人は多いかもしれません。確かに可愛い服を着た愛犬は愛くるしく思えるでしょう。しかし、その服を着たまま運動できるでしょうか。運動できるかどうかは犬にとっては重要なことです。身体を動かすことができなければ、ストレスになってしまうからです。体が動きにくいと、体に違和感を覚えて体調を崩してしまうかもしれません。そこまでいかなくても、自分の体に合っていない服を着せられている犬は居心地が悪いでしょう。犬が嫌がるようなら服を脱がせてあげるようにしましょう。服を着たまま遊ぶようなら、居心地が悪くはないものです。走り回って、楽しそうにしているならその服は犬にとっていい服なのです。そのような服を選ぶようにすることが重要でしょう。

犬の服もブランド品などたくさんありますが、お値段も結構高いです。可愛らしくてつい買ってしまいたくなりますが、家にある古着をちょっと加工するだけで0円で世界で一着だけのオリジナルな服が作れます。