知っておこう!ペットの買い方には3通りあった!

ペットショップで購入する

ペットを購入する方法としては、まず、ペットショップに行って買うという手段があります。ペットショップでは、さまざまな種類の中から直接見て購入することができます。ケージから出してもらって触れ合うことも可能です。また、動物について詳しい店員さんがいるので、飼育の仕方を教えてもらったり、不安な点や疑問点などについて気になることを相談できるのも良いですよね。ただし、購入を強く勧めたりする店舗もあるので気を付けて下さい。

動物愛護団体から譲ってもらう

ペットを買う方法といえば「購入」という手段を思い浮かべやすいですが、動物愛護団体から譲ってもらうという方法もあります。動物愛護センターや保健所では里親を募集している犬がたくさんいます。無料で飼うことができるほか、そのままでは殺処分されてしまう動物の命を救うことができるというメリットもあります。ただし、人気の犬種や子犬ではなく雑種の成犬が多いです。なお、保護されている犬は精神や身体に何かしらの問題がある場合もあるので、引き取る前にあらゆる情報を聞いておく方が良いでしょう。

ブリーダーから購入する

動物を交配・繁殖させることを職業とするブリーダーから購入するという方法もあります。良いブリーダーから購入すると、その動物の育ってきた状況や環境をきちんと説明してくれるため、犬の性格や普段の様子などを知ることができます。しかし、中には高く売ることができる人気犬種を悪質な環境で繁殖させる悪質なブリーダーもいるので見極めが必要です。

子犬販売なら神奈川県のペットショップは、良心的な店が多いです。気に入ったワンちゃんがいれば抱っこしてスキンシップも取れます。