機能美の極致!機械式時計の魅力を再認識しましょう

いまこそ再認識!クォーツには無い、機械式の魅力

電池を必要とせず、ゼンマイの動力だけで駆動するのが機械式時計の特徴です。大小さまざまな歯車を連動させることで時を刻む技術は、何百年と続く伝統の中ではぐくまれた、機能美の極致と言ってよいでしょう。一方で現在、主流となっている時計はクォーツ式です。精度が高く、特別なメンテナンスが不要なことに加え、機械式時計よりも安価なことから、瞬く間に普及しました。クォーツ時計が普及したことで大きく変わったのは、時計が耐久品から消耗品へと変化したことです。クォーツ式は電子部品の組み合わせによって作動しているため、パーツの普及が途絶えてしまえば、修理ができなくなります。そのため、いつしか時計は大切に使うものから、使い捨てするものへと変わっていきました。

長く使い続けるコツ!オーバーホールを実施しましょう

クォーツ時計が主流となる一方で、一生にわたって使い続けられる機械式時計の魅力も再認識されています。ファッションアイコンとしても再び評価が高まっており、機械式を採用したモデル展開も再び活発となってきました。ただ、機械式時計はクォーツ時計よりも長持ちする反面、定期的なお手入れが欠かせないといった側面には注意が必要です。時計を分解して再度、調整を行うオーバーホールと呼ばれるお手入れを怠ると、パーツの破損や精度の低下といったトラブルも出てきます。丈夫な機械式時計とはいえ、長く使い続けられるかどうかはオーナーのお手入れ次第です。愛着を持って少しでも長く機械式時計を使いたいと考えている人は、3年に1度は時計店でオーバーホールを実施するようにしましょう。

オーデマピゲはスイスの高級時計や宝飾品のメーカーで、1875年に創業されました。世界三大時計メーカーの1つとして名が知られており、製造されたロイヤルオークは腕時計の歴史を変えたと言われる程です。